トリオバンドデシトル公式サイト


by desitol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

<   2010年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

THE BIG 4 DVD

e0167670_23375645.jpg

 取り置きしてもらってたのをようやく取りに行けました。CDが5枚+DVDが2枚(計371分)というごっついボリューム。しかもパフォーマーは40代も半ばを過ぎたオッサンばかり(笑)。だけど古くからのマニアにはやっぱりタマラナイ内容ですな。24年前に24歳で亡くなったクリフ師匠も、今ごろこの光景を天国から笑顔で見つめていることでしょう・・・。
 
e0167670_23381097.jpg

 そんな歴史的瞬間を収めたDVDだけに、誤字はイカンよ誤字は・・・。「メンタル」ってアンタ・・・。楽しみに待ってたマニアと制作サイドの温度差を感じる・・・と言ったら言いすぎでしょうか?これにはちょっとガックリきました。
[PR]
by desitol | 2010-11-30 23:37 | diary | Comments(0)

1129

みなさん、イイ肉食ってますか?

僕は今夜、帰ったら焼き魚でした・・・。
ま、それはそれでガッツリ食いましたが。
 
e0167670_22354792.jpg

近々、またこんな肉を焼きに行かねば・・・。
[PR]
by desitol | 2010-11-29 11:29 | diary | Comments(2)

DOD FX51 Juice Box

e0167670_23233167.jpg

 珍品。普通に試奏したら「音をショボくするためのエフェクター?」と思われても仕方ない困り者。SWEET / PULP / TANG / JUICEというこの時期のDODならではのユーザーを撹乱する謎の表記のため、当時の店頭では困惑するプレイヤーが多数見られ・・・って、要するに全然売れなかったから中古でも見かけませんってこと(笑)。このルックスに惹かれて長年探し続け、2008年の大晦日に広島県福山市でようやく捕獲に成功しました。
 
 こいつの正体は、オーバードライブ/ブースター。でも12時セッティングではヘボヘボで、この写真ぐらいのセッティングにしないとシャンとしてくれません・・・。「他の歪みと併用することで、よりリッチなサウンドが得られるようになる」的なことが紹介文にはよく書いてありますが、使ってもたいして変わらないというか、別に無くてもいいというか(笑)。嗚呼、哀愁の珍品・・・。しかしルックスがファニーだと、こんなヤツでも何とか活躍の場を与えてやりたくなるのが不思議なところで、ただいま実戦デビューに向けて試行錯誤中デス。
[PR]
by desitol | 2010-11-23 01:30 | instruments | Comments(0)

続・DOD FX92 & BOSS ODB-3

 ン年の月日を経て、ついに我が家に揃ったBOSS ODB-3とDOD FX92を比較してみました。でもその2つだけじゃ面白くないってことで、よりによって(笑)DOD FX86 DEATH METALも急遽そこに参戦させました。以下、個人的主観オンリーなのでヨロシク。
 
e0167670_2022115.jpg

 指でもピックでも、「オリャオリャ~~!!」と単音弾きするなら、一番下品に暴れてくれるFX86。両手によるミュートがちょっとでも甘くなった瞬間にピヒョー!とノイズを発しますが、このエフェクターの場合、それを活かしてナンボ。超ドンシャリ系サウンドのおかげで、(バンドメンバーが嫌な顔さえしなければ)ベースで使っても問題なし。
 某バンドでやってた“ベースでパワーコードをガシガシとピック弾き”というスタイルには、やっぱりそこで使ってたODB-3がベストマッチ。ちゃんとパワーコードとして成立してくれるのはコレだけでした。あとの2つは音が汚すぎてグチャグチャに(笑)。
 で、意外だったのがFX92がスラップに合うこと。特にプルをしたときの音の切れ味が、クリーンでやったときとほぼ同じ感触で好印象。これまで試してきたディストーション系のペダルは、どれもプルの音の輪郭がぼやけてしまってイマイチだったんですが、これはうれしい誤算でした。ちょっとその路線で用途を探ってみようかと思ってます・・・。フフフ・・・。
[PR]
by desitol | 2010-11-22 21:53 | instruments | Comments(2)

BOSS ODB-3 Bass OverDrive

e0167670_20382523.jpg

 今ではすっかり出番がありませんが、以前やってた某バンドではかなりストンプしまくりました。おかげでこのような小汚い状態ですが、まぁそれも名誉の負傷と言うか思い出が刻み込まれてるというか(笑)。とにかくかなりお世話になったペダルです。
 
 単体で聞くと気持ちいいんですが、「バンドの中に入っちゃうと埋もれやすい音だなー」という印象があります。ま、先述のバンドはベースとドラムの2人しかいなかったんで、そんなの関係無かったんですけど(笑)。しかしオーバードライブというだけあって、使ってるベースとアンプの元々の音がしっかりしてると意外と埋もれない・・・というイメージもあります。(その代表例がコレ。)
 
 これが初めて買った歪みモノなんですが、実は先日入手したDOD FX92 Bass Grungeと迷ってこっちにしたというエピソードがありまして。FX92はクセが強くて手に負えなさそうだから無難なコイツを手に入れた当時の自分・・・。今思えば、随分健全だったものです(笑)。
[PR]
by desitol | 2010-11-21 21:10 | instruments | Comments(0)

 
カッコよすぎ☆
こちらのページでいっぱい見れます。
[PR]
by desitol | 2010-11-18 21:42 | diary | Comments(0)

FERNANDES PB type bass (1970's)

e0167670_21555197.jpg

 随分前に買ったフェルナンデスの古いプレベです。4弦のペグが強引に違うタイプのものに交換されてますが、そのおかげか、たったの1万円でした。小ぶりな印象を受けるのは、20フレット仕様だからでしょうか。軽くて取り回しがいいので、ライブでもよく使ってました。さすがに「本格的なプレベサウンド!」というワケにはいきませんが、コレはコレでなかなかいーんですわ。
 
e0167670_2156668.jpg

 チャームポイントその1。いわゆる「石ロゴ」ってやつです。ロゴの変遷について詳しいことは知りませんが、聞くところによると70年代の製品なんだそーで・・・。フェルナンデスというと、どうしても「学生向けのエントリーモデル最大手」というイメージが浮かぶ世代ですが、これはまだそんな路線に行く前の製品です。
 
e0167670_21561891.jpg

 チャームポイントその2。自分でピックアップを増設しました。ウソ。たまたまこのシールを持っていたので、一見「あれっ?」と思われるような位置に貼りました。しかもツーコンのマイクをちゃんと1弦の下にもってくるという凝りよう(笑)。このしょーもないネタも、自分がこのベースを気に入ってる理由の1つです。そろそろまた人前で使ってやるかな~。
 
※このベース、今日行った地元の楽器屋のブログでも紹介されてます。よろしければ。
[PR]
by desitol | 2010-11-13 22:44 | instruments | Comments(0)

DOD FX92 Bass Grunge

e0167670_06228.jpg

 探し続けて早ン年・・・。まだ20世紀だった頃に一度新品でお目にかかって以来、今まで店頭で遭遇することすらありませんでしが、本日ようやく手に入れることができました!!
 ただの"Grunge"ってモデルはDODのペダルの中でも1、2を争う「よく見るヤツ」ですが、そのベース版であるコイツは、よっぽど売れなかったのか(笑)、全然見かけないしネット上の情報も少ないんですよね~。しかし今回は、たまたま東京の楽器屋の在庫にあるのを見つけ、3,980円と手頃だったこともあり即座に通販してしまいました。
[PR]
by desitol | 2010-11-07 23:04 | instruments | Comments(0)

Oberheim FS-7

e0167670_2334574.jpg

 うすっぺら~いフットスイッチを入手。70年代にアナログシンセの名機をいくつも産み出したことで有名な、あのOberheimのものです。まさかこんなモノが、いつもの“青いハコ”の中に埋まっているとはね(笑)。年式云々は一切不明ながら、この珍品が525円なら文句ナシ。ジャンク品ということで若干の不安はありましたが、我が家の機材で動作確認できたので一安心。めでたしめでたし♪
[PR]
by desitol | 2010-11-03 23:54 | instruments | Comments(0)

BOSS DB-33 Dr. Beat

e0167670_21452975.jpg

 古いメトロノームを入手しました。メトロノームにしてはボディがやたらとデカいですが、TEMPOのダイヤルもやたらとデカいです(笑)。でもこの「21世紀の現在ではあり得ないルックス」が、実にイケてます。機能的には全然たいしたことありませんが、メトロノームなんだからこれだけできれば十分かな~とも思います。哀愁を誘うピコポコ音もタマリマセン。
 先日ドラマーの先輩にコレを見せたら、なんと以前使ってたことがあるそうで、学生時代に随分お世話になった機材だと言ってました。ラインでの出力が大きいので、個人練習の相棒として非常に重宝したらしいです。
 
e0167670_22113781.jpg

 裏面はこんな感じ。ACAアダプター対応というところから、マニアの方にはこの機種の年代がお察しいただけるかと…。9V電池でも動きますが、とりあえずACAアダプターを持ってて良かったです。いくつかセッティング例も載ってますが、正直この程度のガイドは無くても全然かまいません(笑)。しかし、こういうところもまたビンテージ機材の“味”の一つですな♪
 
 
 
↓イカすデモ演奏を発見

[PR]
by desitol | 2010-11-01 22:34 | instruments | Comments(2)