トリオバンドデシトル公式サイト


by desitol
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:instruments( 282 )

続・Tokai TE80

 自分はベーシストなので、ギターを弾こうと思うと、弦が多いわ細いわでなかなか苦労します(笑)。で、結局弾くとしたらリズムギター的なものばかりになってしまうワケです。そんな自分が、テレキャスターを手にしたときに「こんなトーンでこんな風に弾きたい!」と思い描くのがこの人。

e0167670_05525279.jpg

 MinutemenのD. Boon(故人)です。「誰だそれ?」という人がほとんどだと思いますが、一番有名というか人目についているのはコレでしょう。RHCPのフリーが、ヴィンテージのベースに容赦なく貼っていたステッカーの「あの人」です。

e0167670_05564948.jpg

e0167670_05565878.jpg

 はじめてMinutemenのDVDを見て以来、このビンビンキンキンしたテレキャスをかき鳴らす音にノックアウトされっぱなしなのであります。交通事故で亡くなってから30年が過ぎましたが、21世紀になってもこの圧倒的な個性が色褪せることはありません。(90年代に活躍したアメリカのミュージシャン達が、このバンドからどれだけ影響されていることか!!)テレキャスターの入手をきっかけに、Minutemenのアルバムを聴き直しているこの数日です。








[PR]
by desitol | 2016-11-06 06:12 | instruments | Comments(0)

Tokai TE80

 近所のリサイクルショップにふらりと立ち寄ったら、テレキャスターが売られていました。自分はベース弾きだし、ただでさえベースがいっぱいあるので、ギターは極力入手しないように心がけているんですが、今回はあまりの安さについつい衝動買いしてしまいました。
 「未チェック」とのコメント付きでしたが、ちゃんと音はでました。弦を張り替え、クリーニングをし、弦高調整をして今に至ります。致命的な欠陥もなく、家で楽しくかき鳴らしています。

e0167670_00070311.jpg

 店頭で見つけたとき、ヘッドのロゴが削られていたので「当然フェンダーではないよな~」と思いつつよく見てみると、ブリッジに「TOKAI」の文字がありました。

e0167670_00475908.jpg

 しかしまぁ、ロゴのごまかし方が絶妙(笑)。これなら、パッと見ではFenderなのかTokaiなのか判別不能。「コピーモデルのブランド名がかき消されている」というのは、昭和のエレキギターにはよく見られる現象ですが、これはあえて断片的にロゴを残すことで、実にうまいことやってます(笑)。

e0167670_00071072.jpg

 ネックエンドに「80」という刻印があります。ネットであれこれ調べたところ、TE80というモデルだろうという結論に至りました。ナットが真鍮なことから、当時いろいろあった中でも上位モデルと思われます。製造年の特定までは出来ていませんが、1981年のカタログに載っていたので、その頃のものでしょう。

e0167670_00071864.jpg

 シリアルナンバーは0006367です。

e0167670_00072591.jpg
 
 裏はこんな感じ。ネットで見かけたカタログに「ボディは単板削り出し」とありましたが、塗装が薄いのでそのことも目視で確認できます。当時は「本家に追いつけ追い越せ」という姿勢で国産コピーモデルが盛り上がっていたそうですが、ズシッと重量感があるところからも、その「本気度」が感じられる気がします。

e0167670_00073192.jpg

 ちなみに購入価格ですが、店頭表示されていたのは「未チェック品 1,980円」。これだけでも相当破格なんですが、さらにその横の壁に「ギター類全品50%オフ」の表示が…。というわけで、Japanヴィンテージを、990円+税というトンデモない価格で入手したのでした。めでたしめでたし。

[PR]
by desitol | 2016-11-01 01:43 | instruments | Comments(0)

Pedalboard近況

 この8月はライブやらスタジオやらがちょこちょこありまして、久しぶりにいくつかボードを組みました。

【その1】某・ファンクバンド用
 最終的に、DNA Bass DraggerとOBERHEIMのフットスイッチを外してライブに臨みましたが、最初はこんな仕様でスタジオ入りしました。このバンド用のボードには、毎回何かしらの飛び道具を搭載しているんですが、今回はちょっと前に入手したBOSS PC-2を。練習中にメンバーにウケた瞬間に「買って良かった!」と感じました(笑)。

e0167670_23403840.jpg
BOSS PC-2 Percussion Synthesizer
Oberheim FS-7
DNA Bass Dragger
TECH21 XXL Bass Edition
MORLEY PBA
AMDEK FLK-100 Flanger
ONE CONTRO Mosquite Blender
Guyatone BB2 Bottom Blaster
KORG Pitchblack
w/DiPinto Belvedere Deluxe Bass



【その2】某・新バンド用
 先輩に誘われて、新しいバンドが動き始めました。1回目のスタジオセッションに持参したボードなので、プリアンプ系がいくつも入れてあります。真ん中にファンキーなフィルターが2つ載せてありますが、これは完全に自己満足用(笑)。これから出番があるかどうかは分かりませんが、こういうのが足元にあるだけで、ちょっと安心できるから不思議なもんです(笑)。

e0167670_23402939.jpg
DNA Bass Dragger
TECH 21 Sans Amp Bass Driver DI
MAXON AF-01 Auto Filter
Big Jam SE-2 Spit Wah
Guyatone SS3 Sonic Shaper
Guyatone BB2 Bottom Blaster
KORG DT-10
w/GRECO PB450

[PR]
by desitol | 2016-08-28 01:03 | instruments | Comments(0)

BOSS PC-2 Percussion Synthesizer

e0167670_02100221.jpg


More
[PR]
by desitol | 2016-04-03 03:05 | instruments | Comments(0)

pEDALBOARD 20160331

e0167670_14563408.jpg

 機材をごっそり持ち込んで、2時間ほど遊んできました。


[PR]
by desitol | 2016-04-02 15:10 | instruments | Comments(0)
 買いました。

 機材への愛情がヒシヒシと感じられて、マニアなら思わずニヤニヤしてしまう一冊です。圧倒的なコレクションも凄いですが、なにより「良いな~」と思ったのが、よっちゃんの購入動機の数々。自分も同じようなきっかけで買うことが多いので、勝手に共感してしまいました。

e0167670_23105021.jpg
 ちなみによっちゃん、先日ネタにしたBOSS KM-2もしっかり所有してました(笑)。




[PR]
by desitol | 2016-03-08 23:59 | instruments | Comments(0)

続・BOSS KM-2 Mixing Amplifier

e0167670_03231558.jpg

 この写真のように、ステレオ仕様のペダルで信号を分け、ダイレクト音と(原音を損ないがちな)ペダルをつないだループを混ぜる…というのが、ベーシスト的なKM-2活用の「第1案」となるでしょう。これ以外にも「第2案」「第3案」とやってみたい接続プランがあるんですが、飛び道具的すぎて「どうやったら披露できるのか?」という問題のが深刻です(笑)。

 まぁライブで使う機会があるかどうかはさておき、「音を楽しむ」という観点で考えたときに、こういう「選択肢を増やしてくれる機材」の存在って、けっこう重要だと思います。使えるか使えないかは、自分が使い道を思いつけるか否か次第。そうやって、新しい刺激になってくれるペダルや機材を、自分は好んで収集する傾向がありますね~。


e0167670_03232301.jpg


[PR]
by desitol | 2016-03-07 03:47 | instruments | Comments(0)

BOSS KM-2 Mixing Amplifier

e0167670_01101762.jpg
e0167670_01103689.jpg
 BOSSのコンパクトなミキサーを入手しました。以前から所有しているBOSS KM-4の兄弟機種ですが、こちらは電池駆動のみです。KMというだけあって、このシリーズは本来キーボード用のミキサーとして世に出されたようですが、ネットで調べてみると、キーボード以外でこいつを活用されてる方も結構いるようです。

e0167670_01104324.jpg
 見た目もレトロ感満載でいい感じなんですが、裏はな~んにもありません。で、このネジを外して電池を入れようとしたら、ちょっとうれしいサプライズが・・・。こんなモノを14万台も作るはずがないので、どういう意味合いの数値なのかはわかりませんが、ゼロが4つも並ぶと、なんかうれしくなりますね(笑)。

e0167670_01105276.jpg

[PR]
by desitol | 2016-03-05 01:52 | instruments | Comments(0)

Pedalboard 20160123

 先日、結婚式の2次会でライブをしてきました。準備段階では写真のようなボードを組んだんですが、本番前にMeatbox、Fab Tone、BB2、チューナーの4つのみに仕様変更となりました。

 使い道がなさそう…でおなじみのMeatboxですが、某曲で効果を発揮。ゲテものの類とされているペダルですが、今後もちゃんと出番がありそうです。随分前に入手したFab Toneは、なんだかんだで今回が実戦初登板。ボードの中にこのフクロウ型のペダルがあるだけで、テンション上がるよね(笑)。ホントはフランジャーも使うはずだったのに、リハの段階で接触不良の症状が出てしまい急きょ除外。

 でもまぁそんな裏話はともかく、会場を盛り上げることができて良かったです。お2人とも、お幸せに~。

e0167670_13184488.jpg
DOD Meatbox Subsynth
Danelectro Fab Tone
Guyatone SD2 Sustainer D
BOSS BF-2 Flanger
ZOOM 509 Dual Power Modulator
Guyatone BB2 Bottom Blaster
KORG Pitchblack
w/YAMAHA AC-320 and Electro-Harmonix PEDAL BOARD BAG


[PR]
by desitol | 2016-01-28 13:19 | instruments | Comments(0)
 ごぶさたしてます。

 この秋はクソみたいなことも一生もののグレイトなことも両方あって、ずーっとドタバタしていましたが、最近ようやく落ち着いてきました。こないだ無事に誕生日を迎えることができたので、自分へのプレゼントとしてハエを一匹捕獲しました。

e0167670_00563901.jpg

 これです。「腐った肉のペイントに、ハエのステッカー付属」で一世を風靡しなかったエフェクター、DOD Meatboxの再発版です。オリジナルを長年探しまくってたのに全く縁がなく、正直あきらめかけてたんですが、そこに「DOD復活」と「珍ペダル復刻」のニュースが!!その瞬間、今年の誕生日プレゼントが決定しました(笑)。

e0167670_00564747.jpg
e0167670_00565423.jpg

 「スピーカーを飛ばしかねないとんでもない重低音が出る」との評判は聞いてましたが、ホントにそうでした。試奏させてもらったGraciasで、スピーカーそのものがブルブルしたのを見た瞬間、「これか~!」と思わず笑ってしまいました。このSUBというツマミがその元凶で、慎重に上げていかないと、マジでスピーカーが破損しかねないです。(説明書にもしつこくそのことが書いてあります。)

 また、「こんなウルトラ重低音、どこで使えばいいんだ???」という困ったところも、こいつの可愛らしいところ(笑)。こういうどーしよーもなさを愛することのできる物好きな方、ぜひ(慎重に)お試しあれ。

e0167670_01173061.jpg

 オマケで入ってたステッカー。ショボくて哀愁たっぷりなところが気に入りました(笑)。




[PR]
by desitol | 2015-12-14 02:51 | instruments | Comments(0)